« brembo キャスティングキャリパー・チタンカラーで見た目リッチに (*´∀`*) by 本店 S | トップページ | 水温計の謎、、、。    本店より »

2014年4月 5日 (土)

オイル滲み修理。  一宮店より。

みなさん、こんにちわ!!!! 一宮店の伴です。

早速ですが、今回は「オイル漏れの修理」です。

GPZやZEP1100、ZRX系エンジンで度々見かける

「バランサシャフト部のオイルシール」のダメージ

Dscf6263

実はこれ結構簡単に交換できます。

基本ハマってるだけなので外からこじってやれば外れます。

Dscf6264

Dscf6265

新品に交換すれば出来上がりです。

Dscf6266

念のため、最後にバランサギヤのバックラッシュの調整も行います。

Dscf6269

十分に暖気してシャフトをセリ音が出る所まで反時計方向にまわして、

今度はシャフトを時計方向にまわしてセリ音が一番小さくなる位置でロックします。

これで完了です!!!

案外、知らず知らずの内にオイル滲み等出てる物です。

特に下回りは漏れてスリップなんてことになったら危険ですから、

早い段階で修理することをお勧めします。

自分のバイクをたまにはじっくり見てみる事も必要ですね。

それでは今日はこの辺で!!、失礼します。

     (=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ





「スタッフ募集中!!!!!!」

Photo

|

« brembo キャスティングキャリパー・チタンカラーで見た目リッチに (*´∀`*) by 本店 S | トップページ | 水温計の謎、、、。    本店より »

PIT」カテゴリの記事

しゃぼん玉 」カテゴリの記事

オートバイ」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

ブログ」カテゴリの記事

メカニック」カテゴリの記事

一宮店 作業記録」カテゴリの記事

商品紹介」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1479112/55647392

この記事へのトラックバック一覧です: オイル滲み修理。  一宮店より。:

« brembo キャスティングキャリパー・チタンカラーで見た目リッチに (*´∀`*) by 本店 S | トップページ | 水温計の謎、、、。    本店より »